しょころぐ(跡地)

ゆるミニマリストになりたい

音大生向け ドイツ語やフランス語よりも英語を勉強したほうがいい理由

クラシックの本場はドイツやフランスなど英語圏以外のヨーロッパの国が中心です。なので音大生は英語よりもドイツ語やフランス語を一生懸命勉強する傾向があるように思います。でも私は、外国語を勉強するならドイツ語やフランス語よりも、英語を勉強することをおすすめしますよ。

英語は勉強しやすく、ある程度マスターすれば他にも応用がきく

ズバリ中学生から勉強していて、知っている単語が多いので、他の言語に比べたら圧倒的にマスターしやすいです。そして英語を勉強する人は多いので、良い教材も多いし、ネットでも調べやすいです。それに比べて、ドイツ語フランス語イタリア語の参考書は、本屋に行っても申し訳程度にしかありませんよね。

また、英単語はフランス語やドイツ語と同じものが多いし、文法もほとんどが同じです。英語を勉強していれば、ヨーロッパの大体の言語に応用が利きます。

TOEICは就活に有利になることもある

最近は国際化が急速に進んでいるので、TOEICなどで高得点を取れば少なからず就活で武器になると思います。ちなみに、私の知っている限りでは帰国子女の子は大体内定が出ていました。音大を出ても音楽の仕事はまあほとんどありませんから、就活を視野に入れている音大生は多いと思いますし、視野に入れてたほうがいいと思います。音楽以外の、アピールポイントになるスキルとして、勉強するのは悪くないはず。

大学卒業後留学する場合でも、留学先はほとんど英語が通じる

大学卒業後、留学したい音大生もたくさんいますね。わたしもその一人でフランスに留学したのですが、最近はフランスでもドイツでも英語が話せる人が多いです。むしろあちらの人達は日本人(というよりも黄色人種かな)には英語で話しておこうという感じで、フランス語やドイツ語で話しかけてきます。教授も英語の話せる人も昔より多いようです。

入りたい学校に語学試験がある場合でも

私は高校は英語に力を入れている進学校だったのもあり、大学でもレベルの高いクラスを取ったこともあり、せそこそこできる方という自負はあります笑 そのお陰かフランス語の勉強は割とできる方で、フランス語を勉強してすぐに仏検3級ですが取ることができました。ちょっとだけ通った語学学校でDELFも少しかじったのですが、結構出来る方と言われましたし、高校時代に英語を勉強していて良かったと思います。まあDELFの方は結局受けなかったのですが。

海外の方がピアノ教室にくることも

教室を開いても、海外の方がピアノを習いに来て、英語で教えている同級生もいます。地域にもよりますが、これからの時代そういうことも珍しくなくなるかもしれませんね。

そんなわけで英語を勉強するメリットはたくさんあるはず♪