しょころぐ(跡地)

ゆるミニマリストになりたい

色々とテキトーなフランス~郵便局編~

日本に帰ってくるとサービスが充実していることをつくづく実感します。

 

昨日、親戚にお菓子やプレゼントを送ったのが届いたようです。

 

 

フランスでは、国内間で送ったものでもありえないです。

 

お金や小切手じゃなくてもどうでもよくないものには書留をつけるのが当たり前でした。紛失されることが多いので。日本の郵便、神がかってる☆(そんなことでかい)

 

 

筆者は日本からフランスに郵便で小包を何度か家族に送ってもらったことがあります。

 

 

そのうちの1回は学校で使う必要な教材とダイアリー。教材はともかくなぜダイアリーをわざわざ日本から送るのかというのは、とにかく使いづらいというか見にくいのです。

 

 

それはともかく、その小包、家族の話によると日本では遅くとも1週間ほどで着くと郵便局の人に言われたとのこと。

 

 

1週間ほど経っても当然のごとく来る気配はありませんでした。

 

 

フランスのことだしちょっとばかり遅れるのだろう、と気長に待っていましたがそのうち2週間、3週間が過ぎてしまいました。

 

 

筆者の住んでいたアパートは管理人がいて、郵便などは全部そこで受け取ってくれるので、日本から小包を送ったのですが届いていないかと彼に聞いたところ、届いてない、どんな郵便でも追跡番号を控えておくのはここでは常識だよ~、と。

 

 

日本だったら控えてなくても届くのが当然だし、控えたところで来なければ意味ないんですけどね。

 

 

結局届いたのが2か月後。

 

教材は何とかなりました、というかしましたが、ダイアリーは残念ながら年始に全然間に合いませんでしたね(笑)

 

 

そして小包がビリビリと開けられたようで、テープでぐるぐる巻き、原型を留めないほど悲惨な状態。どうやったらそんなボロボロになるんだ?

 

 

特にEMS(国際スピード郵便)は酷い。筆者は使ったことがないのですが、友人がやられました。

 

 

日本のEMSを使ってフランスに荷物を送ったのですが、2週間待っても当然のように着かず、そこでやっと配達状況を調べたら、

 

 

受取人不在のため差出人に送り返しの手続き中

 

 

と出たそうです。管理人がいないアパートならともかく、友人も同じく、24時間体制で管理人がいる寮だったため、受取る人がいないことは考えにくいそうです。

 

 

そこで郵便局に問い合わせてみたら郵便番号を間違えていたから送れなかった、すぐ受取人(友人)に送り返す手続きをしま~す、と。

 

 

しかし友人の努力と高い郵送代は空しく、日本に送り返されてしまったとさ。

 

友人はショックというよりも呆れかえってました。紛失しなかっただけよかったか~と。

 

 

EMS郵便、日本では確実に最速で届く国際郵便ということで、海外発送する時はだいたいすすめられるそうです。

 

ですが確実で最速に届くのは、優秀な日本人が担当する日本国内からフランスに着く時まで。

 

実際フランスまでは2~3日で着いてしまうようです。

 

 

そのEMSで送った郵便はフランスに着いたら現地の会社で受け持つので、フランス内でどこかに行ってしまうようです。(つまりその会社の仕業)

 

 

筆者もEMSではなかったのですが、日本から郵便で服を1着送ってもらったことがありますが、2か月待たされてあっけなく送り返されたことがあります。

 

 

友人や家族から送られてきた年賀状は3通に1通は紛失されたように思います。

 

 

いずれにせよ、フランスに郵便を送って指定日通りに届いたら奇跡です。

 

いや、届いただけでも儲けものかもしれません。(郵便の役目果たしてないよねw)届いた時の感動はやばかったです。

 

 

荷物でサッカーでもしたのかい!と思うほどぼこぼこすぎてやばいけど。

 

 

ちなみにSAL便や普通の航空便は多少遅れても確実に届くようですよ。