ゆとり女の雑記ぶろぐ

とあるゆとり世代のひとり

下着を持つ数を決めたら管理が楽になった話

f:id:mvemjsun:20170714134022j:image

 下着やランジェリーの断捨離をしました。断捨離って本当にスッキリ!

 

持つ量を決めたら、なくしたりすることがなくなりました。

 

持っているのは断捨離した今、

  • 靴下×3(断捨離前8)
  • ストッキング×3(前5)
  • 夏の短いストッキング3つ+予備3つ
  • 黒タイツ(前4)
  • ショーツ×3(前6),サニタリー用×2
  • 冬用のパンツ×3
  • ブラ×3(前5)
  • キャミ×3(前5)
  • ヒートテック×4

 

に収まりました。収納も引き出しパンパンだったのが取り出しやすく。数を決めることで統一感が出て、見た目も綺麗になりました。

 

やましたひでこさんの断捨離本を参考に、3の倍数で統一。ヒートテックのみ無くしたのを買い足したりしたので4つです。

 

 

断捨離の基準

穴が開いているものは捨てた

多少ときめいているものでも縫ったりするのは面倒。洋服と違って流行とかないので、似たようなものはいくらでも出てくることに気づいた。

 

片方しかない

問答無用で。もう片方出てくる期待はしません。というかなくしたものでときめくものなどありませんでした。

 

ゴムが伸びてる

ゴムを入れ替える気力もなし。洋服と違って以下略。

 

毛玉がついている

毛玉の感触が結構気持ち悪い

 

1年以上つかってない

1年以上つかってないのは肌に合わないとか違和感があるもの。またいつか使うことはないということに。

 

 

わたしがズボラなせいか、ときめくものどころか、この基準だけで各3つずつにだいたい収まりました。

 

 

 

以上、断捨離報告でした。